東京都受動喫煙防止対策支援事業

東京都受動喫煙防止対策支援事業 宿泊・飲食施設向け 最大400万円

これから受動喫煙防止対策に取り組まれる、宿泊・飲食施設の事業者の皆様へ。

東京都では、都内の中小飲食店・宿泊施設が行う受動喫煙防止対策を支援する事業を実施しています。

飲食店1飲食店2宿泊施設
スモークポイント1

補助対象

東京都内の個人または中小企業が経営している飲食店

資本金5,000万円以下または、常用従業員数50人以下の事業者。大企業の子会社などは対象外

東京都内の宿泊施設

ロビー、レストラン等、不特定多数の宿泊客が利用できる施設に限ります。客室は含みません。

ただし、風営法営業の許可を受けている施設、またはこれに類する施設を除きます。

要件

  1. 補助対象者は、補助対象施設において、自らの負担により補助事業を遂行すること。
  2. また、東京都が行う外国人旅行者の受入れ環境整備に向けた取組に協力すること。

補助限度額

  • 客席面積100㎡以下の中小飲食店が喫煙室を設置する場合・・・9/10
  • 上記以外の場合・・・4/5
  • 最大400万円

対象経費

機器等購入費及び直接必要となる付帯設備費材料費、労務費、直接仮設費、運搬費、産業廃棄物処分費、設計費、立会検査費、清掃費(当該工事に係るものに限る)及び補助対象事業の実施に直接必要となる工事費

補助要件を満たすスモークポイント!

  1. 出入口において、室外から室内に流入する空気の気流が、0.2メートル毎秒以上であること。(※1)
    (※1)喫煙区域から非喫煙区域へタバコの煙やニオイを漏らさないためには、喫煙区域と非喫煙区域の境界部分(開口部)で、喫煙区域へ向かう気流が必要となります。境界部分(開口部)の空気の流れ(面風速)は、0.2/秒以上を確保しましょう。
    この風速があれば、煙が外に漏れ出さないとされています。
  2. たばこの煙が室内から室外に流出しないよう、壁、天井等によって区画されていること。(※2)
    (※2)「壁、天井等」とは、建物に固定された壁、天井のほか、ガラス窓等も含むが、たばこの煙を通さない材質・構造のものをいうこと。
    「区画」とは、出入口を除いた場所において、壁等により床面から天井まで仕切られていることをいい、たばこの煙が流出するような状態は認められないこと。
  3. たばこの煙が屋外に排気されていること。

だからスモークポイントが最適です!

スモークポイント2

東京都受動喫煙防止対策支援事業について、詳しくはお問い合わせください

お問い合わせ

スモークポイント3