分煙・喫煙ブースコラム

分煙や喫煙ブースにまつわるコラム

日々様々なクライアント様に対して、お困りごとをお伺い、解決していくスタッフが「分煙・喫煙ブース」に関して多岐にわたる情報を掲載していきます。

分煙・喫煙ブースコラム一覧へ戻る

喫煙所のお手入れ

喫煙所を設置しただけでは、きちんと分煙できません。

喫煙所を快適に利用してもらうには、日々のお手入れが欠かせないのです。

今回は、喫煙所に必要なお手入れを3つご紹介します。

喫煙所のお手入れ
喫煙所に必要なお手入れ
  1. 1.吸い殻などのごみ処理

    灰皿の容量には限度があるので、定期的に吸い殻を廃棄する必要があります。

    また、一般的な灰皿に吸い殻を大量にため込んでしまうと、消火しきれず残った火種が他の吸い殻に燃え移り、火災になる危険があります。それを防ぐには灰皿に水を張っておくのが効果的ですが、そうすると吸い殻が湿って、処理が大変になります。

  2. 2.壁紙などの掃除

    たばこの煙に含まれる物質の中には、壁紙などに染みついて汚れになってしまうものがあります。そういった汚れをきちんと除去するには専用の薬剤が必要で、ひどい場合は個人で手入れすることが難しくなります。できるだけ汚れが染みつくのを防ぐためにも、こまめに掃除する必要があるのです。

    また、染みついた汚れはニオイの元にもなるので、掃除を怠ると喫煙所が汚くなるだけではなく、ニオイの問題の原因にもなります。

  3. 3.給排気設備のメンテナンス

    給排気設備は定期的にメンテナンスをしなければ性能が落ちてしまいます。

    給排気設備の性能が落ちてしまうと、たばこの煙を十分にコントロールできず、きちんと分煙することができなくなることがあります。分煙空間としての十分な性能を維持するためには、給排気設備のメンテナンスが欠かせません。

分煙の効果を維持するためには日々のお手入れが重要

このように、分煙の効果を維持するためには日々のお手入れが重要ですが、実際に行うと手間やコストがかかってしまいます。

しかしスモークポイントなら、それらを大幅に削減することができます。スモークポイントには約3,500本分の吸い殻を収納できる灰皿が備え付けられています。水を使わずに自然に消化できるので、お手入れも簡単です。

また、たばこから立ち上る煙を本体上部から効率的に吸引し、強力な3つのフィルターできれいな空気に換えて排出するので、周囲の壁や天井を汚しません。本体の掃除も、側面がガラス張りになっているので、さっと拭くだけで簡単にキレイにすることができます。

フィルター等のお手入れについても、定期メンテナンス制度をご用意しております。ご利用状況に応じてメンテナンスの頻度を選んでいただけるので、コスト面でも無駄がありません。

スモークポイントなら、簡単に快適な分煙空間を維持して頂けます。