分煙・喫煙ブースコラム

分煙や喫煙ブースにまつわるコラム

日々様々なクライアント様に対して、お困りごとをお伺い、解決していくスタッフが「分煙・喫煙ブース」に関して多岐にわたる情報を掲載していきます。

分煙・喫煙ブースコラム一覧へ戻る

受動喫煙防止対策で活用できる補助金

分煙対策をしたいとは思っていても、費用の問題からあきらめてしまっていませんか?

実は、分煙対策費用の一部を負担してくれる補助金の制度があります。

今回は、分煙化する際に活用できる補助金についてご紹介します。

受動喫煙防止対策で活用できる補助金
活用できる補助金の種類
  1. ●受動喫煙防止対策助成金

    厚生労働省が設けている助成金制度です。事業場における受動喫煙防止対策を目的としており、全業種の中小企業が対象となっています。

    助 成 額 費用の1/2(上限200万円)
    ※ただし、設置を行おうとする喫煙室等の面積1㎡当たりの助成対象経費上限は60万円
    対象事業主 労働者災害補償保険が適用される中小企業
    対象の取組 喫煙室の設置・改修、屋外喫煙所(閉鎖系)の設置・改修、換気装置の設置(いずれも所定の条件を満たすもの)
    応募の条件 特になし
    ホームページ http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049868.html
  2. ●外国人旅行者の受入れに向けた宿泊・飲食施設の分煙環境整備補助金

    東京都が設けている補助金制度です。

    外国人旅行者が快適に宿泊・飲食施設を利用できるよう、分煙環境を整備することが目的で、東京都内の宿泊施設、飲食店が対象となっています。

    助 成 額 費用の4/5(上限300万円)
    対象事業主 東京都内の宿泊施設 または 飲食店(風営法営業の許可を受けている施設等を除く)
    対象の取組 喫煙室の設置、エリア分煙、フロア分煙(いずれも所定の条件を満たすもの)
    応募の条件
    • *多言語対応に取り組んでいる(取り組もうとしている)
    • *分煙環境整備後、東京都が行うアンケート調査や視察受入れ、事業PRに協力する
    ホームページ http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/tourism/kakusyu/syukuhaku/

    ※詳細については、各補助金制度実施機関のホームページからチェックすることができます。

申請の流れ

どちらの補助金も大体の申請の流れは同じです。

  1. 1.申請書の提出

    必要書類をそろえて、申請書を提出します。必要書類は各補助金制度実施機関のホームページから確認できます。

    提出先
    受動喫煙防止対策助成金 各地の労働局
    外国人旅行者の受入れに向けた宿泊・飲食施設の分煙環境整備補助金 東京都産業労働局
  2. 2.交付の決定

    審査に通れば、補助金の交付が決定します。

  3. 3.工事の発注・施工

    補助金の交付が決定したら、工事を実施します。工事が完了したら工事費用を支払い、領収書と明細を受領します。

  4. 4.実績報告書の提出

    報告書類を作成し、提出します。提出先は、申請書と同じです。

  5. 5.交付金額の確定

    審査の後、交付金額が決定します。

  6. 6.補助金の請求

    交付金額が確定したら、請求書を提出します。提出先は、申請書や実績報告書と同じです。

  7. 7.補助金の交付

    請求書提出後、補助金が交付されます。

  8. 8.状況報告など

    補助金の条件などにもよりますが、整備後の運用状況の報告などが必要な場合があります。

申請の流れ
補助金活用の注意点
  • ●補助金は後払い

    補助金が交付されるのは、工事が終わった後です。そのため、工事前には必要資金を準備する必要があります。

  • ●交付決定後に工事着手

    補助金の交付が決定する前に施工された設備に関しては、補助の対象外となってしまいます。交付が決定してから工事に着手してください。

  • ●工事代金の支払方法

    分割払いやリース契約での支払いは対象外となります。

いかがでしたか?うまく補助金を活用できれば、低コストで分煙環境を作ることができます。

スモークポイントの導入でも、これらの補助金を利用できる可能性があるので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

※各補助金の情報は、2017年7月現在のものです。