分煙・喫煙ブースコラム

分煙や喫煙ブースにまつわるコラム

日々様々なクライアント様に対して、お困りごとをお伺い、解決していくスタッフが「分煙・喫煙ブース」に関して多岐にわたる情報を掲載していきます。

分煙・喫煙ブースコラム一覧へ戻る

喫煙所のお悩み(オフィス編)

オフィスは大勢の人が一緒に働く場所です。
たばこを吸う人も吸わない人も働きやすい職場環境を作るために、分煙対策はとても大切です。
今回は、オフィスでの分煙対策のお悩みについて取り上げます。

喫煙所のお悩み(オフィス編)
オフィスでの分煙対策でよくあるお悩みとは?
  1. 1. 喫煙所が臭い

    オフィスに限ったことではありませんが、喫煙所にたばこのニオイが充満していることがあります。喫煙所のニオイは喫煙者の服や髪などに染みついてしまいます。この状態で職場に戻れば、気づかないうちに周囲の人を不快にさせてしまうかもしれません。

    また、ニオイのついた状態で来客の対応などをすると、喫煙者個人だけでなく会社のイメージにも影響しかねません。

  2. 2. 喫煙所が遠い

    喫煙所が、勤務場所から離れていると利用しづらくなります。また、往復に時間が掛かる分、喫煙者の離席時間が長くなってしまいます。

    例えば、喫煙時間が10分でも喫煙所までの往復に10分かかれば、計20分になってしまいます。この環境で1日3本たばこを吸うとすれば、毎日1時間たばこのために離席することになります。これでは、非喫煙者は不公平だと不満に感じるかもしれません。

    せっかく分煙対策のために喫煙所を作っても、喫煙所の利用がたばこを吸う人にとって負担となったり、不公平感の元になってしまっては本末転倒です。

  3. 3. 工事の許可やコストなど

    喫煙所を作るにあたって必要な換気設備を導入するには、ダクト工事が必要な場合があります。ビルのフロアなどを借りている場合、この工事の許可が下りず、作りたい場所に喫煙所を作れないことがあります。

    また、工事には高いコストや長い時間がかかることも予想されるので、なかなか喫煙所の導入に踏み切れないという企業様もいらっしゃるのではないでしょうか。

スモークポイントで理想的な分煙環境を簡単に
スモークポイントは理想的な分煙環境を簡単に作れる!

スモークポイントなら、少ないコストと時間で理想的な分煙環境を作ることができます。スモークポイントは3つのフィルターによる換気で、きれいな空気を排出します。そのため、ダクト工事も必要ありません。強力な換気設備なので、すぐそばにいても受動喫煙やニオイによる不快感の心配もありません。

また、100Vの電源で稼働するので、家庭用コンセントさえあれば、場所を選ばずどこにでも設置できます。さらに、スモークポイントは分解して簡単に移設することができます。将来、喫煙場所を変更する必要が出てきた場合もフレキシブルに対応できるのです。

スモークポイントなら、オフィスの分煙でのお悩みを解決できるかもしれません。